• 兵庫県播但エリアのリフォームならお任せください!
  • 対応エリア:西脇市・加東市・小野市・多可町・丹波市・篠山市・三田市・三木市
  • お電話でのお問い合わせはコチラ
  • 0120-45-4134
  • 携帯・PHS0795-22-5034
  • 受付時間8:30〜18:00
  • 定休日日曜日・祝日
メールでのお問い合わせ

カナダのブログ

Blog

住宅の断熱性能は窓で変わります!!2015年2月7日

従来のサッシは「アルミ」を素材としたサッシが中心でしたが、近年では省エネや断熱の意識の高まりから各サッシメーカーも「樹脂」サッシに力を注いでいます。

樹脂サッシの断熱性能ですが、熱伝導率がアルミの千分の一とされており、非常に断熱性能が高い素材で作られています。

ただ、断熱性能が高いといっても良くわからないので、最近導入した米FLIR社の赤外線サーモグラフィで実際に実験してみました。

リフォームや新築をお考えのお客様へ実際に実験を見ていただいたり、触れていただくことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

〈実験方法〉
YKK社製の以下のサッシを用意し、窓枠の外部に当たる部分にドライアイスを設置。
設置直後と10分後の温度変化を赤外線サーモグラフィによる表面温度測定を実施しました。

画像の見方として、白⇒赤⇒黄色⇒⇒緑⇒青の順で温度が低くなっていきます。

仕様サッシ

左からAPW330【樹脂】,エピソード(アルミ樹脂複合】,エイピアJ【アルミ】,フレミングJ【アルミ】